知ってる?秋冬のUV対策

最強*UVケアのサンカット®で1年中、紫外線から全身徹底ガード!

夏が過ぎたからUVケアはしばらくお休み、なんて思っていませんか?
季節によって紫外線量は変動しますが、紫外線は一年中降り注いでいます。
波長が短いUV B波は夏に比べて冬は約5分の1まで減りますが、肌の奥まで届くUV A波は、冬でも
夏の2分の1ほどあるんです。秋冬もしっかりUVケアをして紫外線から肌や髪をガードしましょう!

01. 行楽、ウィンタースポーツなど秋冬のお出かけ時に!

秋は行楽シーズン、冬はウィンタースポーツの季節。外出の機会の多いこの季節も、UVケアは必須です。
特に、雪の日の紫外線の反射率は新雪で80%ととても高いので、照り返しによる日やけにも注意が必要。外出前は
化粧下地やボディにジェルエッセンスを、外出先でも髪やメイクの上からスプレーをしてこまめにUVケアをしましょう。

02. 冬は夏より日照時間が長い!? 日常のUVケアも忘れずに

日が長いことから、夏のほうが日照時間が長いと思っていませんか? 実は、冬のほうが長いんです。
冬は日が短いのですが、晴れる日が多く、晴天日になる確率は7月で平均40%、8月は54%ととても少ないのに対し、
12月は71%、1月は72%と高くなっています。
上のグラフを見ても、日照時間の合計が春夏に比べ、冬のほうが多いのがわかります。
秋冬だからと気を抜かず、日常からUVケアを心掛けて。

※出典:気象庁 統計期間:1981~2010年 計測値:東京

03. 日やけしていない秋冬こそ紫外線の影響大!

シミやそばかすの原因となるメラニンは悪者にされがちですが、実は肌を紫外線から守る役割があります。
日やけによって肌色が濃くなっている時期より、
日やけをしていない時期のほうが、メラニンが少なく、紫外線の影響を受けやすいんです。
夏の日やけが落ち着いたからと安心していると、肌へのダメージが蓄積してしまうかも!? UV対策は一年中、が基本です。

夏の紫外線の影響を受け、秋の肌は疲れ気味。
湿度が低下し始める時期でもあり、乾燥しやすくなっているので、しっかり保湿したり、古くなった角質を取り除いて肌の状態を整えましょう。まだ紫外線が強い日も多いので、しっかりUVケアを。

紫外線が弱まるといっても、UV A波は季節変動が少ないので油断大敵。また、乾燥する時期なので、十分な保湿ケアで肌にうるおいを与えるとともに、UVカット効果のあるエッセンスを使うなど紫外線量が増える春に向けて対策をしておきましょう。